歯の着色の原因

着色の原因について

ステインの種類と原因

歯を白くする上でステイン(着色)の原因が何かを追求しなければいけません。
食生活、ライフスタイル、喫煙習慣、お口の中の環境など様々な要因が歯の着色に関わっています。

ステインの原因は大まかに内部着色と外部着色に分類されます。
内部着色は歯の内部から引き起こされる着色で、外部着色は口にした発色物質が歯の表面に形成されるペリクル(唾液中のタンパク質の一部)に付着することで引き起こされる着色です。
内部着色は過酸化水素などの化学物質でしか除去できないことが分かっていますが、外部着色は研磨剤の使用や、スケーリングを含むクリーニングで除去することができます。

外部着色

適切なブラッシングを行うことにより、外部着色を防ぐことができます。
外部着色の主な原因物質は、バクテリア、ブルーベリーなどの食物、コーヒー、お茶、赤ワインなどの飲み物、薬物、喫煙などがあります。
これらの発色物質は、表面が綺麗に磨かれたエナメル質の表面にはつきにくく、歯垢やプラーク、歯石が付着した環境を好んで付着することが分かっています。

外部着色には様々な色があります(緑、オレンジ、茶色、黄色、黒)。緑とオレンジと黄色の着色は主にブラッシングが足りないことで蓄積する歯垢による着色です。
茶色の着色は主にタバコ、飲食物により引き起こされます。
黒の着色は稀で、主に唾液中の鉄イオンが関与していることが分かっています。
黒の着色はブラッシングの良し悪しとは関係なく歯茎のきわに着色することがあります。

内部着色

内部着色には、黄色、茶色、グレー、オレンジ色があります。さらに点状もしくは斑状の白濁や曇った茶色(フッ素過剰、歯の脱灰、歯の未石灰が原因)などがあります。
テトラサイクリンの副作用による着色は主にグレーや茶色を呈しています。

内部着色の原因の一つに遺伝も関与していることが分かっています。
歯の発生から萌出まで、さらには加齢によって着色が進むこともあり、さらには長期の外部着色自体が内部着色を助長させることも証明されています。

これらの着色の種類によってはブリーチング(過酸化水素を使用したホワイトニング)に反応しやすいものと効果があまり強く出ないものがあります。例えば、黄色や茶色の着色は、グレーや青色の着色より反応が良いことが分かっています。

〒107-0061
東京都港区北青山3-10-13
FPG links Omotesando 1F

tel.03-6421-0528 fax.03-6421-0527